ナンパ師から学んだTinderで始めるナンパ術

tinder マッチングアプリレビュー

こんにちはマッコリです。

今回は体験型のレポとなっておりますが、ある程度ハートが強くないとできないような大人向けの記事となっております。

先日マッチングアプリのTappleを使用して男性と出会ったんですが、なんとナンパ師の人だったんです!
年齢は29歳と書いてあったんだけど実際に会ってみたら、多分30代半ば位(肌の感じから察知)サーフ系のチャラい恰好をしていました。
こちらも、仕事でマッチングアプリを使って人と会っているので、強くは言えないですがとても胡散臭い空気を纏わせておりました。。。
だけど「ナンパ師なのになぜアプリを使っているのか?」という疑問を抱き、そんな彼に少しだけ興味が出たので話だけでも聞いてみようと近くのマクドナルドでお話しを聞いてみることにしました。

ナンパ師がマッチングアプリを使う理由

ナンパ師
駅から近くのマクドナルドでの取材で彼の飲食費もこちらで持ちながら2階のテーブル席に向かい同士で座りました。
写真撮影の許可に対して彼は「顔だけはまじで勘弁してよw」と笑いながら軽いノリで拒否されました(思ったより警戒心が高いのか)
ちょこっとした談笑とハンバーガーを食べながら少しずつ本題へ入っていくと「LINE交換しない?」と言われ、機嫌を損ねない為にもLINEだけ交換することにしました。

LINEを交換すると彼は以外にもすんなりアプリを使う理由を教えてくれて”効率”と”警戒心を下げる”を目的としたアプリ活用術をしているとのこと。
Tappleを使った理由はスライドでいいねを連発して、メッセージが返ってくるようならばラッキー位の数打てば当たる戦法だと彼は言う。
これは効率の良い出会い方であり相手を選んでいないそうです。とりあえず誰かと会いたい人に向けた戦法だということです。
そしてもう一つがメッセージを先に交換しておくことで突然会うよりも警戒される心配がないということです。
ナンパ師曰く”警戒心”は一番ナンパで気を付けなければならない要素であり、いかに危なくないかと思われることが大事だそうです。

ナンパ+マッチングアプリこそ最速で成功できる秘訣

軽く引いてる私をよそ眼に彼はだんだんと語りだす。「最近はですね、ナンパもデジタルを駆使しないとダメなんですよ」とコーヒーを軽く口につけてそう言いました。
彼は今Tinderを使ってナンパをしているそうです。Tinderと言えば海外発祥のマッチングアプリですが、日本ではあまりなじみがありませんよね。でも彼が言うにはそれが良いそうです。
「理屈としてユーザー数の少ないアプリだとライバルが少ない・だけど女性も少ない。じゃあ、そんなアプリを使っている女性ってどんな女性だと思いますか?」
そんな問いを出されたので「変な人?流されない人?」と答えた。
すると「半分正解です」と答えが返ってきた。
彼曰く、自我を持っている人ほど口説きやすいということ。そして意識高い系の人が多いそうです。
そして残りの半分は「相手も同じような考えを持っている」からだそうです。

Tinderを使ったナンパ術実践編

悪用厳禁
彼はなんと私にナンパのやり方を教えてくれました。それは夜にならないと使えない技だそうです。
具体的にいうと、Tinderを使うと位置情報を認識してくれて近くにいるユーザーを察知して顔写真を選んでいきます。
そして、終電間際ぐらいに駅近くでアピールをしておき終電に乗った離れる女性ユーザーと周囲にいる女性ユーザーが確認できます。
残った女性ユーザーは恐らく終電を逃してしまったか、帰り途中である可能性が高いことになります。
そして、とどめのアピールを送り明るい道通りを歩いていると女性と実際に遭遇することがあるそうです。

まとめ(ドン引き&感心)

ドン引き
このやり方を実践して、ナンパの成功率が各段に成功率があがったと声高く言ってますが私はドン引きしてしまいました。
こんなことの為に時間と考える能力があるなら社会に貢献しろよと思っていたらなんと彼は私も知っている大手ゲーム会社の社員でした。。。。ゲーム会社の社員は服装が自由らしくチャラチャラしててもいい業界だと初めて知りました。
そのまま彼に謝礼を渡してその日は終わったのですが、世の中にはあり得ないほど無駄な能力を持っている人をしりましたが半面感心する一面でもあります。
私も気を付けてナンパ野郎には騙されないぞ!