評判のデーティングアプリ『QooN(クーン)』を丸裸!Omiaiの妹分の実力は

マッチングアプリレビュー

 Facebook連動型マッチングアプリの先駆けである『Omiai』の姉妹アプリが誕生しました。

 今回は、そのデーティングアプリ『QooN(クーン)』を早速利用してみて、その使用感はどうか、現状の評判はどうかなどをご紹介します。

 ただ、予め申し上げておきますが、記事執筆時点でリリースから半月も経っていないためユーザー数は非常に少ないです。その点ご留意ください。

2017年7月26日追記

 iphoneユーザーの皆様お待たせいたしました。QooNのiOS版が本日リリースされました。

このページのデータは2018年7月現在のものです。予告なく変更されている場合がありますのでご注意ください。

QooN基本情報

アプリ名QooN(クーン)
運営株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業受理番号30120012004

QooNについてざっくりとした感想

 先述の通りQooNはあのOmiaiの姉妹アプリとしてリリースされましたが、Omiaiが第1世代型に近い検索型マッチングアプリであるのに対し、QooNはDine(ダイン)などの第3世代型マッチングアプリ――デーティングアプリに該当します。

↓Dineに関する記事はこちら↓

デーティングアプリ『Dine(ダイン)』の評判は?新たな時代を担えるか?
 近年、第3世代型マッチングアプリと称される『デーティングアプリ』が評判を集めているのをご存知ですか? 今回はそんな中から、カナダ産のデーティングアプリ『Dine(ダイン)』をご紹介。  個人的には割と前から気にはなっていたん...

↓Omiaiに関する記事はこちら↓

Omiaiでマッチング後の初回メッセージはどうする? その答えは
 Facebook連携型マッチングアプリの元祖であり、それまでずっとそれ以外の登録方法を用意してこなかったOmiaiが、2018年4月に電話番号による認証を導入しました。これにより、それまでOmiaiを使ってみたかったけどFaceboo...

 さて、マッチングアプリとデーティングアプリの違いについてはひとまず置いておくとしてQooNの実際の使用感ですが、少々アプリの動作が重いように感じるところもあるものの概ねこちらの操作に対する反応は良好といえます(使用端末:XperiaXZ1)。

 アプリの最適化は今後のアップデートで改善されていくでしょうし、動作については正直今はまだそこまで気にしなくてもいいかと思います。

地方在住の方はまだ利用しなくていい

 試しに無料会員状態で各都道府県に絞り込んでみましたが、『北海道』『宮城』『千葉』『東京』『神奈川』『福岡』『大分』『沖縄』以外の地域では登録者がいませんでした(2018年7月3日現在)。

 カード振り分け型の常としてユーザー数は不明ですが、無条件表示の際に東京の女性ばかりだったことを鑑みると、地方の方は利用を待ったほうがいいでしょう。

 といっても、リリースから間もなさすぎるので当然といえば当然ですが。その点を逆手に取って先に登録を済ませておくというのもありです。体感というか感覚としては、リリースから1年過ぎたあたりから徐々に地方にも浸透し始める感じになるかと思います

QooNの口コミでの評判のほどは

 先行リリースのGoogle Playストア上にはすでにいくつかレビューが上がっていますが、基本的に皆さん「会員増やして」という意見でした。他では評価につながる口コミは見られませんでしたので、こちらについては追ってご報告させていただきます。

QooN独自の機能や料金は?

 QooNには公式サイトもありますが、売りとしている『QooN MODE』『Qdish MODE』『Qtoday MODE』の3つの機能については紹介されていますが、それ以外の部分は触れられていません(2018年7月3日現在)。

 そこで、QooNの機能を調べてみて『これは面白い』と感じた機能をご紹介します。

プレミアムオプション

 通常の月額プランとは別により上位のサービスが用意されているのは他のマッチングアプリでもよくあることですが、QooNの場合その内容に特徴的なものが有りました。

QooNプレミアム01

 検索項目が増えるという点はさして珍しくはありませんが、加工写真を除外できるというのはなかなか見受けられない機能ではないでしょうか。運営側が加工と判断したものに限られはしますが、それでも写真詐欺に遭遇する確率が下がることが期待できます。

 またそれ以外にも様々な機能が追加され、

QooNプレミアム02
QooNプレミアム03
QooNプレミアム04
QooNプレミアム05

 テンプレートの保存によるデートまでの高速化、メッセージ誤送信によるトラブルの回避など、まさにプレミアムらしい追加機能といえるのではないでしょうか。

料金は平均的か

 料金体系は他のマッチングアプリとそれほど差がありません。ペアーズと比較した場合は少しばかり高くなりますが、競合となるであろうDineと比べると断然安価です。

プラン月額換算一括支払
1ヶ月3,800円3,800円
6ヶ月2,800円16,800円
12ヶ月1,650円19,800円
プレミアムオプション2,400円2,400円

 上記金額はクレジット決済時の金額であり、アプリ内決済を利用する場合は4,800円の1ヶ月プランのみとなります。ちなみにプレミアムプランについてもアプリ内決済では3,800円と、クレジット決済と比べるとかなりの差が生じます。有料会員のページでもクレジット決済をおすすめしていますので、お持ちの方はそちらを選択したほうがいいでしょう。

 また、QooNでは毎日20人までは無料でチェックすることができますが、それ以上にデート相手を見たいという方は別途1ポイント=カード1枚で利用できるポイントを購入する必要があります。また、このQooNポイントを利用して、相手に優先的に自分を表示させるスーパーいいね!、メッセージ付きいいね!を送ることも可能です。

ポイント金額(クレジット決済)
12ポイント240円
24ポイント480円
100ポイント1,900円
200ポイント3,600円
500ポイント7,400円

 こちらもアプリ内決済ではかなり高額となる他、購入できるポイント数も変わります。

ポイント金額(アプリ内決済)
10ポイント300円
50ポイント1,500円
100ポイント2,900円
200ポイント5,800円

 これでは、アプリ内決済を選んでも得することはありませんね。

まだ使わなくてもいいけど期待値は高い

 デーティングアプリが通常のマッチングアプリと比べてまだそれほど賑わっていないことと、そもそもQooN自体が出たばかりのアプリであるため、今すぐ使おう! とはなかなか言えない点はあります。

 しかしながら、運営がOmiaiのネットマーケティングである安心感と信頼感、近頃のデーティングアプリの発展を見るに、今のうちに登録しておいてユーザーが増えたときに備えるのはありかと思います。

 運営が同じならOmiaiとバッティングしてユーザーの食い合いになるのではという不安も、そもそも細かいジャンル(検索型かデーティング型か)が違うためありませんし、そちらでのメッセージのやり取りに疲れた方は、デーティングアプリの入門としてQooNを選択肢の1つに考えてみてはいかがでしょうか。