デーティングアプリ『Dine(ダイン)』の評判は?新たな時代を担えるか?

マッチングアプリレビュー

 近年、第3世代型マッチングアプリと称される『デーティングアプリ』が評判を集めているのをご存知ですか? 今回はそんな中から、カナダ産のデーティングアプリ『Dine(ダイン)』をご紹介。

 個人的には割と前から気にはなっていたんですが、私が済んでいる地域がDineが使えるエリアに含まれていませんでしたのでやっていませんでした。それが先日追加されたため、今回、その評判の程を確かめることとなりました。

 実際に試してみると、月額料金の高さはややネックではあるものの、メッセージの煩わしさをスキップしてデートできるという点が予想以上に好感触でした。

 デートのお店選びも、これまではレビューサイトなどで時間をかけて探していたのが省略され、時短につながっている点も好印象です。

 ところで、東京大阪と来て名古屋とならずに福岡となったということは、もう日本三大都市は『東京・大阪・福岡』ってことでいいんですかね?←平然と名古屋に喧嘩を売るスタイル

Dine基本情報

dine-ダイン
運営会社株式会社Mrk&Co
年齢層30代~
登録料金無料
登録方法FacebookかTwitter
電話番号
利用料金男性:6,500円~
女性:6,500円~
オススメの方まずは会ってから!
アプリ名Dine(ダイン)
運営株式会社Mrk&Co
基本利用料無料
インターネット異性紹介事業受理番号30170030000

メッセージに頼らずいきなりデート

 いきなりデートと言えばアイザック株式会社の『いきなりデート』もありますが、そちらもDine同様に第3世代型マッチングアプリであるデーティングアプリに該当します。

↓いきなりデートに関する記事はこちら↓

【いきなりデート】審査落ちる?マッチングしないという評判は本当か?
『いきなりデート』って。本当にすぐにデート出来るの?って思いますが実際に出来るみたいです。 しかし、デート以前にアプリ登録の審査がきつくて落ちる人が続出。 かなりの人が、『審査に通らない』と嘆いています。 審査無しのマッチ...

 さて、具体的にはどういうことかというと、Dineはそれまでのマッチングアプリにあった、

  • マッチングする
  • メッセージを重ねる
  • デートする

 という流れから、メッセージの部分を大胆に取っ払ったアプリです。

 通常ではマッチングして初めてメッセージを送り合うことができるようになりますが、Dineではマッチングしたら即、デートする日程を決めることになります(※)。メッセージが苦手な方、あるいは直接会わないと何も分からないとお考えの方にとっては非常に重宝する機能かと思います。

※実際に日程の調整をするには、どちらかがDine Gold会員(有料会員)である必要があります。また、日程が決まったあとならばメッセージを送り合うことができます。

レストラン選びにもう迷わない

 今回はTwitter連携による登録を行ったためFacebook連携の際は入力不要ですが、

Dineのプロフィール入力画面

 上記の入力を終え次の画面に移ると『お店を選択』することになります。なお、このときに設定した『名前』と『生年月日』は後で変更ができませんのでご注意ください。

Dineのお店を選択画面01

 現状では画像のように『東京』『大阪』『福岡』は選択肢として用意されていますが、それ以外の地域は事前登録扱い。今後どれくらいの地域が追加されるかは分かりませんが、少なくとも残る五大都市圏である『名古屋』と『札幌』はいずれ追加されるでしょう。

Dineのお店を選択画面02

 で、こちらが福岡を選んだ際のお店の選択肢。ざっと見ていきましたが、『中央区(天神や中洲など)』や『博多』といった、福岡の主要商業地や繁華街の店舗がずらりと並んでいました。

 Dine公式サイトによれば、これらの店舗はデートに最適なお店として編集部が独自にピックアップしたものとのこと。この調査があるため、一気に各地域を追加することができないのかもしれません。

 この機能は、初回の食事デートで店選びに苦労せずに済むというメリットがある反面、表示されるお店はどれも洒落た雰囲気のものばかりですので、そういうお店に気後れしてしまう方にとってはデメリットでもあります。実際、口コミの中にはその点を指摘する声も上がっています。

 個人的には、初回デートで失敗しないという観点では、良くも悪くも無難という印象です。

dine-ダイン
運営会社株式会社Mrk&Co
年齢層30代~
登録料金無料
登録方法FacebookかTwitter
電話番号
利用料金男性:6,500円~
女性:6,500円~
オススメの方まずは会ってから!

Facebook連携時は要注意

 プロフィールの入力の手間を考えると、Facebook連携で登録してしまったほうが面倒がない……確かにそのとおりです。ですがその際、気をつけなければならないことがあります。

 それは、設定を間違えると個人情報がダダ漏れになってしまうということ

 Dineでは信頼性の確保のため、Facebookに登録しているフルネームや会社名、大学名などの情報がそのまま公開されてしまいます。また、無料会員状態ではそれら個人情報を隠すすべがありません。

 加えて、マッチングした相手がコインを使用した場合、大元のFacebookアカウントを見られてしまいます。

 これを回避したいなら、Facebook連携以外の登録方法でDineに登録するか、Facebookの公開範囲を『友達のみ』に設定しましょう。

Dineに新機能追加・デートの自動予約サービスとは

2018年7月26日追記

 Dine日本版の利用者向けに、グルメコンシェルジュサービス『ペコッター』を運営する株式会社ブライトテーブルと連携してデートを自動的に予約することができるサービスが開始されました。

 これにより、レストランの予約をDineとペコッターが代行してくれるようになり、また、希望したレストランが満席の場合であっても近隣のレストランの空席状況を自動的に検索して予約を行ってくれるようになりました。

 場合によっては手間がかかるレストランの予約を利用者が行う必要がなくなるため、これまで以上によりマッチングからデートまでの流れがスムーズになることでしょう。

悪い評判から見るDineで気をつけるべきこと

 デーティングアプリはマッチングアプリという大枠の中の1つですが、会うことを重視しているため他のマッチングアプリと比較して注意する点が若干違う部分があります。

 業者などへの警戒は一緒ですので、こちらではDineならではの気をつけることをご紹介します。

ドタキャンが多い?

 Dineの口コミを見ていると、ドタキャンされたという声が思っていた以上に多く聞かれました。マッチングしたらまずデートの日程を決めるというDineの性質上、相手とは信頼関係はまずない状態でしょうし、ドタキャンが起こるのはある程度仕方がないと諦めるしかないのかもしれません。

 なお、Dineではドタキャンを防止する目的で、デートの約束は14日間以内で日程を調整するよう推奨しており、Dineアプリの日程調整画面もそれに伴ったデザインに変更されています。

 更にドタキャンが悪質だった場合、Dine運営に通報すれば当該アカウントは凍結されますので、ご活用ください。

女性はヤリモクに、男性はメシモクに要注意

 女性がヤリモクに気をつけるのは他のマッチングアプリでも同様ですが、Dineの場合は男性も一定以上の警戒が必要な相手がいます。

 Dineの、お店を選んでいきなりデートするという性質上仕方のないことですが、真剣な出会いを考えていない、食事をおごってもらうことだけを目的としたメシモクの女性が紛れ込んでいます。こういう女性の場合は食事をすること以外は何も考えていないことがほとんどなので、男性の皆様はお気をつけください。

1日に見られる人数に限りがある

 Dineでは通常、1日につき相手のプロフィールを10人までしか見ることができません。

 この人数自体は別途課金することで5名ずつ増やすことはできますが、それにしても少ない……そう感じるかもしれません。

 ただ、1日に見られる人数を限定することにも大きなメリットがあります。

 通常のマッチングアプリですと、『他にもっといい人がいるかも』と長時間アプリとにらめっこをしがちです。しかし10人という少数なら、Dineにかける時間は必然的に短くなり、結果的に時短へと繋がります。

 それのみならず、1人1人のプロフィールに対して慎重に向き合う時間も作ることができるため、Dineが会うことを優先していながらも真面目な出会いを求めている方々が集まりやすい構造となっています。

料金が高い

 Dineの運営もそれは認めていることではありますが、他のマッチングアプリと比較して値段はかなり高いです。

プラン月額換算一括支払
1ヶ月6,500円6,500円
3ヶ月4,800円14,400円
6ヶ月3,800円22,800円
12ヶ月2,900円34,800円

 これまでのマッチングアプリは平均して月額4,000円前後。安価とされるwithやペアーズで3,500円ほどですから、その差は倍近く。Dine運営は、その分有料会員には集中的に多くのマッチや高品質なデート機会が提供されるとしています。

Dineに対する好意的な口コミは

デートありきだから少しでもありなら会えるし、上手くいけばそこから付き合える

 以前のマッチングアプリでは基本的にメッセージで会いたいと思ってもらわない限り実際似合うことは叶いませんでしたが、Dine、というよりもデーティングアプリの基準がデートすることを前提としているため、メッセージ交換を煩わしく思っている方にはやはり好評の様子です。

誰かと飯食べたいだけならメシモクだろうが関係ないし、そういう使い方ならいいアプリだと思う。金はかかるけど

 気軽に食事デートしたくてマッチングアプリを使うのなら、デーティングアプリは非常に有用です。Dineは先述の通り『東京』『大阪』『福岡』のみでの展開とはいえ、各地域での有名所はしっかりと押さえているのでその地域のニーズにはしっかりと答えられることでしょう。

100回のメールよりも、1回のデートをDineで

 人によっては面倒くさいメッセージを後回しにできる分、通常の恋活や婚活向けのマッチングアプリと比較すると敷居は低くなっているデーティングアプリ『Dine』ですが、その料金は決して安いとは言えず、また東京・大阪・福岡以外の地域はそもそも事前登録扱いになるという点から、単純におすすめできるアプリではありません。

 逆に、東京・大阪・福岡在住の方で「会ってみないことには何も分からない」という方にとっては、おすすめのレストランを提案してくれることもあって使いやすいアプリといえます。

 実際、地域として福岡が追加された前後でユーザーの増加が見られたようで、マッチングのし易さは確実に向上していることと思います。6ヶ月プランか12ヶ月プランならデート保証もついていますので、該当地域の方はDineを活用してみてはいかがでしょうか。

dine-ダイン
運営会社株式会社Mrk&Co
年齢層30代~
登録料金無料
登録方法FacebookかTwitter
電話番号
利用料金男性:6,500円~
女性:6,500円~
オススメの方まずは会ってから!