距離の近さは脈ありサイン?パーソナルスペースから告白のタイミングを測る

コラム

 何事にも、物理的か精神的かにかかわらず距離感は大切です。友人にしろ恋人にしろ家族にしろ、踏み込んではいけないパーソナルスペースは例外なく存在します。

 その距離は人それぞれ、また相手によっても可変のものではありますが、一様にいえることは、そこに踏み込むことを許されたということは、それだけ相手に心を開いてもらえているということの証左。

 あるいは、もしかするとそれは脈ありサインの1つかも知れません。今回はそんな、物理的距離感の話。

本題の前に:パーソナルスペースとは

 文化人類学者であるエドワード・T・ホールによって提唱された『他人に近づかれると不快に感じる距離』のことで、またの名をパーソナルエリア、あるいは対人距離とも呼ばれています。もっと簡潔な言葉を用いるのなら、『縄張り』です。

 分かりやすい事例としては、通勤や通学時の満員電車。春夏秋冬関係なく、満員電車を不快に感じ、降車後にはどっと疲れている方も少なくないかと思います。この疲労感は、自分自身が持つ縄張りを侵されたことで感じた不快感から来るものなのです。

 提唱者のE・T・ホールはこのパーソナルスペースを4つに分類し、更にそれぞれを2種ずつ区分しています。すなわち、

大分類小分類
密接距離
よほど親しくない限り踏み込めない
近接相
0~15cm
遠方相
15~45cm
個体距離
相手の表情が確認できる
近接相
45~75cm
遠方相
75~120cm
社会距離
会話には問題ない距離
近接相
120~200cm
遠方相
200~350cm
公共距離
複数の人間を見渡せる
近接相
350~700cm
遠方相
700cm以上

 以上の8種です。先の満員電車の例えはこれのうち『密接距離の近接相』に該当します。親しい相手以外には踏み込んでもらいたくない距離の更に近距離に赤の他人がいるのですから、不快感を覚えるのは当然のことでしょう。

レストランデートでプライベートスペースを測る

 逆説的に、密接距離にまで近づいても不快感を示さないということは、相手の方がこちらを赤の他人、あるいはただの知人としてではなく、極めて親しい友人と思っているか、もしくは思慕の念を抱いている可能性は非常に高いといっていいでしょう(とはいえプライベートスペースが極端に狭い方も中にはいらっしゃいますので一概に断言することはできませんが)。

 ひとまずこれを手っ取り早く確かめる手段の1つとして、レストランデート、あるいはカフェデートにおける席の位置取りによる判断方法があります。といってもこれといって特別なことをする必要はなく、ただ相手と自分が座る場所や、その後の体勢などを観察するだけです。

 マッチングアプリでの初面接や2回目のデートの際にカフェやレストランを活用する方も少なくないかと思いますが、この段階において相手が自分に対してどういう感情を持っているか、ほんの僅かであっても知るすべにもなりますので、是非ご活用ください。

ボックス席で向かい合わせ

ボックス席で向かい合わせ

 多くの場合、レストランでボックス席を選べばこういう形に席取りは落ち着くと思います。上述の表に照らし合わせるなら『個体距離遠方相』、狭いテーブルであっても『個体距離近接相』が精々です。

 単純にこの状態では、1対1で会話する意思はあるものの、恋愛の対象として捉えられているかどうかといわれれば微妙なところと言わざるを得ません。この個体距離の段階では、見ず知らずの他人がいても不快に思わない方が多数ですから。

 もしそのまま背筋を伸ばした姿勢を維持していたら、まだ相手の方には縄張りに入る許しを得られていませんので、まだ努力する必要があります。

 しかし、もし向かい合わせに座ってこちら側に身を乗り出してきている場合、その距離は『密接距離遠方相』に達していることもあります。それはすなわち、恋愛感情の有無はひとまずおいておくとして、こちらに対して憎からず思っているということ。ここまでくればあと一歩といえるでしょう。もしかすると、すでに告白待ちの状態かもしれません。

 反対に、最も距離が離れる斜め向かいに座った場合は問題です。このときは『社会距離近接相』にまで遠ざかってしまいます。仮にその位置取りが通路側だった場合は、信頼どころか警戒されていると考えても差し支えありません。何せ、いつでも逃げられるような場所ですから。

 しかし、ここから距離を詰めるのは簡単なようで決して容易ではありませんが、絶望的というわけではありません。ここからの逆転劇も十分起こすことができます。

座った場所が隣

ボックス席で向かい合わせ

 脈ありサインとして最も有力なものは、この『密接距離近接相』に入るであろう位置です。これについてはもはや言うまでもありませんね。

 カウンター席なら半ば仕方がないところはあるものの、それでもその席を選んで何の抵抗もなく座ってくれたのならほぼ勝利のガッツポーズを心中で決めて問題ないレベルといってもいいでしょう。というよりもこの場合、すでに恋人としての付き合いが始まっているかも知れませんが。

 これがボックス席の場合は十中八九脈ありサインと見てまず間違いないでしょう。というか、ここまでくるともはやどれだけ鈍感な人間であっても気づくレベルかと思います。

座席の距離は心の距離

 今回はあくまでパーソナルスペースに関してのみの話でしたので、具体的な方法やそれ以外の要因などについては一切触れていません。ですので、実際にこれを確実な判断材料とするか、どう行動するかは個々のプランにお任せという投げっぱなし状態ではあります。

 とはいえ指針の1つとして活用できるのは間違いありませんので、告白のタイミングにお困りの方は、この物理的距離を参考にしてみてください。